RSS | ATOM | SEARCH
尿閉君の話
JUGEMテーマ:ペット
動物病院で呼ばれている通称「尿閉君」とは、
膀胱にある結石が尿道に移動し詰まり、おしっこが出にくくなる
または全く出なくなる尿道結石の患者さんのことです。

なぜ「君」なのかと言うと、
雄は陰茎の先端で尿道が狭くなるので結石が詰まることがありますが、雌は尿道が広いので詰まることはないので、尿閉は決まって雄だからです。

動物病院の不思議な慣習で、入院中の子たちは通常名前で呼ばれるのに対し、尿閉塞で治療入院している子は「尿閉君」と呼ばれることです。
「尿閉君が来たよ」 「尿閉君の調子どう?」 「尿閉君 飯食った?」などあたかも名前がニョウヘイが如く呼ばれて管理されています(当院だけかもしれませんが・・・)。
続きを読む >>
author:たなかペットクリニック, category:日記, 22:09
-, -
2015年05月28日
JUGEMテーマ:ペット

暮れなずむ町の〜(今は何とかを信じて〜ですかね?)!
とうとう子猫が里親さんの元へ巣立つ時が来ました。
生まれたての子を離乳まで持っていくことの大変さを今回も思い知らされました。
自分なりに愛情を注ぎ育てたつもりだし、来院して戴いている飼い主さん方からもたくさんの愛情を受けることができました。
元気が良すぎるので先住猫とうまくやってくれるか心配ですが、あらゆる面で里親さんをサポートしていけたらと思います。

里親さんへ
この子は打たれ強い子なので、先住猫を一番に気を使って頑張ってくださいね。2回目の予防接種での来院を心待ちにしています(ペコリ)。



仔猫が旅たち、静かになった院内で育児から解放された安堵感と充実感、少しの寂しさを噛みしめながら感慨にふけっていました。
続きを読む >>
author:たなかペットクリニック, category:日記, 14:53
-, -
2015年05月11日
JUGEMテーマ:ペット

モンゴル生まれのユメマル君(15歳)、数年前から肛門の周りに出来物があることに気が付き、徐々に大きくなり、数ヶ月前より出血し、気になって舐めていると言うことで来院されました。
続きを読む >>
author:たなかペットクリニック, category:日記, 08:00
-, -