RSS | ATOM | SEARCH
おしらせ3件

お知らせ1

求人のお知らせ

募集終了しました。

 

お知らせ2

内視鏡を導入しました。
これにより、内部消化管内部の検査や異物の除去(場合により開腹の可能性はあります)が可能となります。
しかし、なるべく誤食のないように気を付けて下さい。 IMG_2624.jpg
IMG_2616.jpg

 

 

 

 

お知らせ3

ウサギの卵巣子宮疾患の話

近年、医学的な進歩によりウサギの寿命が延び、より遭遇することの多い疾患として、ウサギの卵巣子宮疾患が挙げられると思います。
統計学的にも立証されているように、雌のウサギの卵巣子宮疾患の発症率は年々高まってきているように感じています。
気を付けた方が良い症状は以下の通りです。
[1]ネザーランドドワーフやホーランドロップなどに代表される血統書のついているウサギさんである(特にと言う意味で)。
[2]なんとなく元気がなく、巣作り行動が頻繁にみられたり、気性が荒くなった。被毛がうすくなったり、毛玉が増えた。
[3]お水の飲む量が増えてきた。
[4]食欲の低下やむらがある。
[5]普通のおしっこは出ているが、血の塊が混じる時がある。
この病気になると、卵巣子宮全摘出手術を行わなければならなくなり、仮に癌が認められた場合、からだのいろいろな所に行ってしまっていることもあります。
IMG_2613.jpg IMG_2614.jpg
(子宮に腫瘍ができてしまったウサギさんの手術の様子です)
この疾患は、早期の避妊手術(卵巣子宮全摘出手術)で予防できるので、自院では雌のウサギさんが来院された場合、ご説明するようにしています。
この手術で気性の落ち着いた、扱いやすいウサギさんになるのもメリットかもしれません(発情にまつわる性的意識が消失することでの気性の荒さであれば)。
何か分からない事がありましたら、ご来院時にご質問下さい。

 

author:たなかペットクリニック, category:お知らせ, 21:55
-, -
お知らせ3件

お知らせ1

LINE@はじめました。
たなかペットクリニックとして公式LINEを始めることにしました。


[1]自院の通院歴がある方で、かかりつけとされている方のみのサービスとなります(通院歴の確認が取れた方のみのご利用となります)。
[2]臨時休診日などの情報を病院から配信させていただきます(フードの注文、薬の注文などは病院の電話(093−967−0323)で、現在の継続治療についてなどのご質問などは診察時間にてご説明いたします)。
[3]トークでのご利用時間は、診察日は19時〜23時位の時間帯に、休診日は18時までに限定させて戴きます。


状態が悪いなど軽めな相談などの気になることがありましたら、返信により可能な限り対応しようと思います(その際は、飼い主さんと患者さんの名前を 記載して頂き、重篤であれば 北九州市夜間病院への受診を勧める場合があります)。

ご希望の方は待合室の↓ここ↓で登録募集していますので宜しくお願いします。
8722010474602.jpg 8722011787342.jpg
 

お知らせ2

秋の健康検査のキャンペーンを行うことになりました(11月1日から11月16日まで)。
この病院は健康検査のキャンペーンとかないのかとの意見を多数頂きまして、頑張ってやってみようと思います。
キャンペーンということで、腹部エコー検査を無料で行うことでキャンペーンとさせてもらいます。

<検査項目>
[1]身体一般検査
[2]血液検査(血球の検査、血液生化学の検査)
[3]血液の炎症性マーカーの検査
[4]レントゲン検査(胸部、腹部)
[5]甲状腺検査は必要そうな子に御提案します。
[6]検査費用等気になる方は、LINE@にて配信しますのでご参考にされて下さい。


などですが、ここで身体一般検査についてまとめてみました。

[1] 身体一般検査

  • ボディコンディションスコアー(痩せているか 太っているか)、脱水の具合
  • 口腔内環境(歯石の付き具合、免疫不全の状態、腫瘍、腎不全などの悪臭など)
  • 皮膚の状態(細菌性 真菌性皮膚炎、健康状態の悪い子は毛繕いどころではないので削ごうとなったり、腫瘍)
  • ある程度の循環状態(血色や運動性で 見立て上の循環不全、心臓の雑音、肺音、発咳テスト、軟口蓋過長、気管虚脱傾向など)
  • 腹部触診検査(大まかな腹腔内の状態、触診上でわかる腫瘍の有無(脾臓、腎臓の大きさ、前立腺の大きさ、触診上可能な膀胱結石、腸間膜リンパの腫脹、蝕知可能な腫瘍など))。
  • 外耳の検査(外耳炎、アレルギー、寄生虫、耳道狭窄、腫瘤の有無など)。
  • 眼の状態(結膜の状態(猫ヘルペスの出方、チェリーアイ、見立て上の眼圧、ドライアイなどに起因する眼脂やドライアイ傾向 角膜の色素沈着、前眼部の異常、水晶体の異常(白内障、核硬化症、水晶体の炎症や変位、視神経乳頭の状態、網膜剥離)。
  • 鼻の変化(呼吸困難な気道狭窄の有無、蓄膿症、大まかな腫瘍の有無)
  • 関節の検査(頚椎、脊椎の痛みの部位、関節炎、変形性脊椎症、椎間板ヘルニア(特定はMRIにて)、軟骨異常、パテラ脱臼状態など)。
  • 軟部のヘルニアの有無(鼠経、臍、会陰)。
  • 体表リンパ節の状態(リンパ腫など)

などなどで このほかにも分かることがたくさんあります。
この検査ですが時間にて2分もかからない検査でこれだけの情報が得られるため、一番有益な検査だと思いますし、安価です(近い内に予防等で来院頂いている患者さんはおこなっているので来院される必要はないかもしれません)。
8722014905446.jpg
飼い主さんの費用負担削減のため、検査結果はこんな感じでお渡しいたしますので飼い主さんで健康ファイルを作るなり、管理保存して下さい(レントゲンはスマホなどで撮影されたら良いのではないかと思います)。

健康検査をご希望の方は、身体一般検査を行い、どこまで行うか提案しようと思います。
若くても身体一般検査で異常があると思われる子は、全て検査することをお勧めするかもしれませんし、高齢でも健康上問題なく、身体一般検査に異常がない子であれば 身体一般と腹部エコー検査だけで良いかもしれません。
無駄な検査はありませんが、必要ない検査は行わないように心がけます。
ご希望の方は、月、木曜日をさけた曜日にて診察時間帯で受け付けにてお申込み下さい。宜しくお願いします。

 

お知らせ3

今一押しのサプリメントについて御紹介致します。
8722017200649.jpg
モエギキャプと言うサプリで、モエギガイから抽出された抗酸化作用のある成分が活性酸素を抑制し・・・、簡単に言うと魚の体に良いと思われる成分を凝縮しているものでアンチエージング的なサプリです。
免疫力が向上することにより、猫の口内炎、関節炎、循環不全、腎不全、アトピー性皮膚炎(食物アレルギーのある子はお勧めしません)などなどほとんどの免疫不全や老化による疾患に効果があるようで、健康な子が取っても大丈夫です。
自身あまりサプリメント的なものは処方したことが多くなかったのですが、モエギキャプは喜んで食べてくれる子が多いことと、元気になった言われる患者さんが多いのでお勧めしています。自分も飲みたいくらいです。
ご興味のある方は、待合室にてリーフレットを置いていますのでご参照ください。

author:たなかペットクリニック, category:お知らせ, 12:09
-, -
お知らせ

お知らせ1

高濃度水素水パナキュアを導入しました。
S_8322987573210.jpg
以下の効能があるようです。
S_8322988909432.jpg

この水素水ですが、水道水から生成されるため、使い放題でご提供できます。

ご興味のおありな方はペットボトル等を持参していただければお持ち帰りできますので、ぜひご利用いただければと思います。
(もちろん保養等かかりません。自院と関係ないかたでもOKです)

病院では入院患者さんだったり、歯科処置・各種洗浄処置で用いています。
 

お知らせ2

井筒屋のウイズカードのご利用ができるようになりました。
5千円以上のお支払い時にご利用いただけます。ご希望される方は受付にてお申しつけください。
S_8322990929203.jpg
 

お知らせ3

自院の看板猫 チイのライオンカット完了いたしました。
長毛系の野良ネコなので、毎年あたたかくなってきた時期を見計らってライオンカットを行っています。
(猫のライオンカット行っております。ご希望の方は電話にてお申しつけください)
S_8322992900384.jpg
昨年が刈りすぎて 若干不気味と言う意見をいただき、今年は控えめなライオンカットとなりました。
診察時間内、院内をブラブラしているチイですが、いない時は駐車場横のこの位置で寝ていることが多いです。
ご興味のおありな方は病院裏にてご参照下さい。
S_8322995047545.jpg


熱い日が続いていますので、エアコンを付けて熱中症にならないように管理して頂ければと思います。 

 

author:たなかペットクリニック, category:お知らせ, 14:10
-, -